融資の中には担保が必要な融資もあります。これは有担保融資というのですが、融資のないようによってこの担保が必要であるかないかは違っています。もちろん融資の中には無担保融資もあります。なぜ融資を受ける際に担保が必要なのかということを紹介していきたいと思います。
お金を貸す場合には信用されていることが一番の条件です。お金を貸す側も借りる側も信頼関係がなければお金は借りられません。信用されるためのひとつの道具として担保が存在しているわけです。
融資を受ける際にもしも借りた側が返済できなくなったという場合でも、土地や車などを担保に入れていた場合にはこれを回収して債権を守ることができるようになります。
融資で担保を設定しているところもあれば、無担保のところもあるのですが、無担保の場合でも保証人が必要であるということもあるようです。融資を受けるにあたっては、とにかく信用関係が一番大切なことになりますからそのために担保があるといってもいいでしょう。融資を受ける際に担保が必要な場合には、担保審査が行われます。
担保審査ではその担保に入れる不動産や土地、車などにどれくらいの価値があるのかを見て担保の価値を査定します。その結果融資してもらえる金額が決まります。

27融資残高

融資残高というのは、証券用語の一つです。融資残高は証券会社が信用取引制度の決済をするために、貸し借りの取引を使って証券金融会社から借りているお金、または株券の数を貸し借り取引残高というのですが、信用買いをした決済のためお金を借りた場合の残高のことを融資残高といっています。
そして信用売りの決済の時に株券を借りた場合には融資残高に対して貸株残高と呼んでいるわけです。あまり証券取り引きにかかわっていない人にとっては融資残高という言葉は聞きなじみがないと思いますが、融資残高は、証券取引を行っている人、株取引を行っている人にとっては聞きなじみのある言葉ではないでしょうか。
一般的には証券用語として融資残高という言葉は使われますが、他にも普通に融資を受けている人の融資の返済残高のことを融資残高といって使うこともありますから、融資残高といっても必ずしも証券用語の中の融資残高ということではありません。
融資額から返済額を引いて出てきた額というのが融資残高ということになります。今現在の融資残高は・・・といった使い方で普通に金融機関などでも使われている言葉です。融資を受けている人は融資残高の確認が必要ですし大切です。

28融資の金利

融資の金利というのは融資を受ける際の利息のことを金利と読んでいます。融資の金利は何の融資を受けるのかによってそれぞれ違っていますし、融資を受ける金融機関によっても融資の金利は違っています。
一般的に融資の金利は銀行系の金融機関は安いといわれていますが、それに比べて消費者金融系の融資の金利は高いことで知られています。同じ銀行の中の融資の金利といっても自動車ローンの融資の金利と、住宅ローンの融資の金利は違っています。他にも教育ローンなどもありますが、融資の額が大きいほど金利は低く、融資の額が少ないほど金利が高くなるところもあれば、関係なく融資の内容に応じて金利が決まっているところもあります。
融資を受ける際に一番気をつけたいのがこの金利についてです。いくらたくさん融資してもらえるからといっても金利が高いのでは困ります。またすぐにでもお金が必要だから即日融資の所を選んだはいいけどあとから見てみると融資の金利が高かったということもあります。
ですから融資を申し込む際には、必ず融資の金利を確認することが大切です。融資の期間や金利についても確認が必要で、住宅ローンにおいては融資の金利が期間に追って変動することもあります。

親兄弟にバレずにお金借りたいっ!